うどんでかりんとうを作った。

うどんをいただいたので、かりんとうを作りました。
石窯オーブンレンジの揚げ物機能を使いました。
レンジの揚げ物機能は、油の量が少なくて済むし、
なんといっても、揚げ物した後の油の処理がないからラクでいいですよね。
 

 

それでは早速手順を。

うどんをいい感じの大きさにちぎる

img_9787
この写真は、2回目の写真なので、若干焼けてるやつがのっかってますが
気にしないでください。
ほんとにテキトーにちぎりました。
キッチンバサミで切ってもいいと思いますが、僕はめんどくさがりなので、手でちぎりました。
ポイントとしては、冷凍しておいたうどんを
半解凍くらいでちぎると、やりやすいです。
それと、写真では、うどん同士が重なってますが、重ねると揚げた時にくっつくので、
そこらへんはお好みで。
クッキングシートを引くのをお忘れなく。

油を吹きかける

通常であれば、油をかけるんだと思うのですが、
うちでは油を吹きかけてます。
 

レック DELI オイルスプレー ( オイルミスト )
レック (LEC) (2005-11-01)
売り上げランキング: 10,415

オイルスプレー、すごくいいです。満遍なく油がかかる上に、スプレー状になってでてくるので
油の量が圧倒的に少なく、ムラもなくかかります。
重宝してます。

揚げ物モードであげる

img_9786
モードは、僕の持ってるTOSHIBA ER-KD7では、14番の「ローカロリーフライ」です。
ローカロリーフライの強1で時間はお任せ。トレーは下段です。
焦げ目を見つつ、上げていきます。

絡めるソースを作る。

今回はサトウキビがあったので、それを使いました。
ない場合は三温糖や上白糖でもいいと思います。
水と砂糖を1:3で混ぜます。
img_9789
この時は砂糖が大さじ6、水が大さじ2でした。
img_9790
 

弱火にかけながら、混ぜる

img_9791
はじめはこんな感じです。焦がさないようにひたすら混ぜます。
多分5分くらい熱したら、ふつふつと湧いてきます。
img_9792
ここでも気を抜かず、混ぜ続けます。
すると…
img_9793
突然、透き通った!
お菓子なんて普段作らないので、どういう原理かも知らないし、これが正しいのかもわかりません。
が、なんとなく、これが正解な感じがしたので、火から下ろします。

揚がったうどんを投入

img_9794
すかさず、その鍋に揚がったうどんを投入します。
んで、まぜまぜ。

広げて冷ます

img_9795
その後、広げて冷ましたら、ひとまず完成!
img_9796
味は、素朴な甘み!
見た目はポテトですね笑

シナシナになってしまったら

シナシナになってしまったら、オーブントースターに突っ込んで、しばらくあっためたら
カリカリのかりんとうにもどりますよ!
ぜひお試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial