DIY

人数が多いと、作業もはかどりますね!

どうも、徳島県勝浦町に、DIYで民泊を作ってしまえ、アキヤマです。

いつの話やねん。
更新をサボっていたので2月のお話から、していきます。

2月11日、雪がチラつく坂本で、寒さにも負けず男5人衆は
せっせこ作業にはげむのでした。

参加メンバーは、町内から町外まで年齢も職業もバラバラ!
この、ヤンキーの集合写真になりそうでならないポージングが、
作業のユルさを表しまくってますね。

 

コトの発端は、1週間ほど前。

誰からも返事がない…

こんな感じでFacebookで呼び掛けしました。

 

 

ご覧の通りの反響で…

 

って、コメントがねぇじゃねーか!

 

すでに助っ人2名は決まっていたものの、人数は多いに越したことはない
と思い、身の回りで声をかけたら…

 

みなさん、予定がありました^^

 

 

ということで、かき集めた精鋭が、これだ!

 

眩しすぎるよ!君たち!

 

 

で、天井を壊しました

 

 

今回は、ちゃんと道具の段取りをしました!

手袋! OK!
天井落としたら埃が舞うから、マスク! OK!

ヘルメットは買えないから、まあ頭はどうにかして守ってもらおう。 OK!

 

 

防御のことしか考えてなかった

 

「さあ、屋根を壊します!」の号令をしてから気づいたんだ。

 

鎧のことばっか考えて、武器持ってなかった…

 

身を守ることばかりを考えていて(ヘルメットはないけど)、どうやって壊すか、
考えてなかった!

 

バールは、一つしかないので、
廃材でもなんでも使ってテキトーに天井を壊してください! m(_ _)m

と、頼んだら、こうなった。

自分の身長と同じくらいではなかろうか、という木の板を使って天井を壊す村田さん…。

 

扱いにくそう…

 

そして、2回目参加のかっちゃん、
いや、確かに道具ないって言ったけど…素手って…うん、なんか俺が悪かったごめん…笑

 

作業はどんどん進みます。

前回の「部屋の片付け!」に登場したかっちゃんとしっつーの2人も、息ぴったりに天井をぶち壊していきます。

 

もはや襲撃…

動画で見るとこんな感じ。

 

 

謎のアルミの部屋を解体していく様子。
ここまでくると、初対面の二人でも息があってきて、なぞの一体感のチームワークが生まれます。

そして、天井剥がしが終了!

 

 

 

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial