宿泊料金を取るのをやめました。

2018年12月 料金、取らない方針に変更しました。

泊まり方はこちら

恩送りの民泊オフィス「ちょ」の宿泊料金を決定いたしました。

ドミトリー泊 2200円
裏庭キャンプ泊 700円

ロングステイ割引も考えております。(詳細後日)

※オフィス利用については後日お知らせします。

料金の説明

ドミトリー、キャンプ共に「恩送り」の金額が含まれています。
恩送りの強要です。笑

というか、恩送りしたい方に宿泊していただければいいな、と思っています。
極端に言えば、「恩送りなんていいから割り引いてくれ」という方は、「ちょ」のコンセプトを理解していただけない限り宿泊をお断りします。

だって、そもそもあなたがサービス利用できるのは誰かのご恩があるからです。

水道光熱・消耗品とは

バスタオル、フェイスタオル、お客様が利用する水道光熱にかかる料金のことです。
そのままです。

施設維持費とは

「ちょ」を清潔かつ心地よく使っていただくために、施設のメンテナンスやお客様に直接関係のない消耗品(例えば掃除道具など)にも経費がかかります。それらにかかるお金です。

運用費とは

「ちょ」はボランティアではなく、持続的な運営を目的に営利活動を行います。
それは、持続的に活動することが、「ちょ」が掲げる目標を達成することに必要だからです。

運用費とは、つまり持続的に活動するために「貯金」します。という意味です。

次の宿泊者への恩送り

素泊まりだからといって、ご飯も飲み物も出さないのはかわいそうです。
オーナーが用意するのもいいのですが、せっかくなら「ちょ」を介して知らない人から知らない人へご恩が連鎖するのがいいな、と思っています。

それはなぜか。「ちょ」は、宿泊施設ではなくコミュニティだからです。

誰かへの恩送り

「恩」というのは、本来、見返りなんかいらなくて
相手に対して「してやった」なんて感情は不要。無償の愛なのです。

無償の愛ならば、匿名でいい。

この恩送りは、プールした金額の中からオーナーが必要だと思った分を誰かに送るシステムです。

「誰か」とは、例えば震災の被災地であったり、地域で頑張っている人だったり、大志ある若者だったり。

上乗せOK

宿泊料の上乗せはいくらでもOKです。

上乗せ分は、お客様の指定割合または指定がなければ半分ずつ「次の宿泊者」と「誰か」への恩送りに割り振ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial