お金がいらない!? 無料の宿「ちょ」とは??

泊まり方について

  • 宿泊料は無料
  • 泊まり方はこちら

 

このページでは、民泊オフィス「ちょ」への思い、思いつき、いろんなことを書いていきたいと思います。

「ちょ」の基本テーマは「ちょっとしたこと」

「ちょ」は、「ちょっとした気持ち」が真ん中にあります。

「ちょっと気になる」そんな場所。
「ちょっと立ちよる」そんな場所。
「ちょっと休める」そんな場所。
「ちょっと仕事を」そんな場所。
「ちょっと遊べる」そんな場所。
「ちょっと話せる」そんな場所。

いろんな「ちょっと」を集めましょう。

「ちょ」が持つ機能は大きく2つです

民泊オフィス「ちょ」には、以下の2つの機能があります。

  • ちょっとした宿泊機能
  • ちょっとしたコワーキングスペース機能

それぞれの説明は以下の通り。

ちょっとした宿泊機能 “民泊「ちょ」”

「ちょっと泊まれる」ホームステイ型、ドミトリー形式の宿泊所です。

家庭用のお風呂とトイレ、キッチン、洗濯機などの共有スペースは自由にお使いになれます。
民泊「ちょ」のすぐ近くには、農業体験宿泊施設「ふれあいの里さかもと」があり、そちらで食事や大浴場(共に有料)もご利用になれます。

ちょっとしたコワーキングスペース機能 “ちょワーキングスペース”

「ちょっと仕事ができる」コワーキングスペースです。

残念ながら、オフィスにするような常駐型のコワーキングスペースではありません。
「ちょ」がある勝浦町・坂本地区は、おそらく想像以上の山奥です。
そんな環境を生かして、自然を感じながら仕事ができ、ひと休みに裏の川で涼んだり、「ちょっとだけゆったり」仕事をしたい方におすすめです。

また、都市部と違いWi-Fiがどこにでも飛んでいるわけではないため、緊急にWi-Fiが必要な場合にも便利です。

利用者に限り、コーヒーやその他のサービスをご利用になれます(一部有料)

「ちょ」が目指すのは「ちょ日常」

日常を超える非日常が「超(ちょう)日常」だとすれば、
そこまでは行かない「ちょ日常」。

町の人にとっては、日常的な時間に旅行者や利用者の「非日常」が加わること
旅行者や利用者にとっては、非日常的な時間に町の人の「日常」が加わること。

刺激を求め非日常に向かう人が「やっぱり日常もいいな」って思える場所・時間・コト。
日常という安定の上でのんびり過ごす人が「たまにはスリリングな非日常もいいな」って思える場所・時間・コト。

そんな「ちょ」を目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial